MENU

新幹線の格安予約はどれを選べばいい?

全国の新幹線はネットで格安に予約することができます。

 

しかし、利用する路線によって予約方法が違い、一つの予約方法で全国の新幹線に割引価格で予約ができるわけではありません
しかも、新幹線予約サービスは基本的には会員制なので、原則、事前の会員登録が必要です。

 

では、どの予約方法を選んで登録すればいいのか?
全ての新幹線予約方法をご紹介しながら、どのサービスを利用すればいいかご紹介しましょう。

 

新幹線の予約方法をすべて紹介!

新幹線の予約方法は何種類かありますが、以下のような基準でどれかを選ぶのが基本。

■よく利用する新幹線はどの路線か?
■住んでいる場所よって利用すべき予約サービスは?
■新幹線の利用頻度
■新幹線の利用形態(日帰り?泊まり?)

など、利用する新幹線の路線や居住地によって、使うべき新幹線の予約方法が変わります。
では、新幹線を割引価格で格安に予約できるサービスを、順にご紹介しましょう。

 

エクスプレス予約

JR東海のエクスプレス予約で予約できる新幹線は、東海道・山陽新幹線(東京〜博多間)のみ。
専用のクレジットカードが必要で、3日前までに予約すると安くなる「IC早特」はお得。
東海道・山陽新幹線で頻繁に日帰り出張する方、実家への帰省に利用する方などにおススメ。

プラスEX

東京〜新大阪間の東海道新幹線の予約ができるJR東海のサービス。
エクスプレス予約との違いは、専用クレジットカードが不要(ICカードは必要)なこと。
料金的にはエクスプレス予約の方が安いため、利用頻度が低く「とにかくネット予約で座席を確保できればいい!」という方におススメ。
ただし、3日前に予約する「IC早特」を利用するなら、年会費が安い分プラスEXの方がお得。

e5489

在来線特急との乗継予約もできるJR西日本の列車予約システムe5489。
切符の受取りはJR西日本・九州・四国管内で、基本的には東京や名古屋など切符受取りは不可。
J-WESTカード会員と非会員では利用できるきっぷが違います。
西日本エリア在住で、首都圏方面より九州方面に行くことが多い方におすすめ。

JR九州インターネット列車予約

JR九州と九州・山陽新幹線を格安に予約できるサービスで、「JQ CARD」を利用すると購入できる格安切符の種類が増えます。
九州在住の方はこれが最も使いやすいと思いますが、割引適用は関西までで、九州以外では受け取れる切符の種類にも制限があります。

えきねっと

JR東日本の列車予約サービス「えきねっと」。東北・上越・山形・秋田・北陸新幹線のみ割引予約が可能で、東海道新幹線も予約はできますが割引はありません。
「お先にトクだ値」など割引率が高い切符を利用すると、料金はかなり格安です。
専用のクレジットカードは必要ありませんが、「ビュー・カード」を利用するとお得です。

モバイルSuica

こちらもJR東日本の「モバイルSuica」。携帯・スマホでチケットレス予約すると、東北・上越・山形・秋田・北陸新幹線に格安に乗ることができます。
別途登録すれば、エクスプレス予約も利用できるので、JR東日本エリア、首都圏在住の方は、モバイルSuicaに登録した上で「エクスプレス予約」を利用すると、東海道・山陽新幹線も格安に予約することができます。
モバイルSuicaも専用カードは必要ありませんが、「ビュー・カード」の利用が最もお得です。

 

 

以上、いろいろな新幹線予約サービスがありますが、この中で特に格安と言えるものを挙げるなら、「えきねっと」の「お先にトクだ値」、JR九州の「スーパー早特きっぷ」などのごく一部です。

 

 

しかし、
それよりもっと格安に新幹線に乗れるネット予約の裏技が!!

 

新幹線旅行ネット予約の超格安な裏技とは?

新幹線予約サービスを利用すれば、確かに通常料金より安く新幹線に乗れます。
当然、頻繁に日帰り出張で新幹線を利用する方、年に何度か実家への帰省に新幹線を利用する方など、会員登録をして新幹線を予約するメリットがある方も多くいます。

 

しかし、

これから1泊以上の旅行・出張で新幹線を利用する方

には、会員制の新幹線予約サービスよりも、ずっと格安な予約方法があるのです。

 

それが、新幹線宿泊パック
宿泊する方は、出張・旅行費用全体で比べてみると、こちらの方が新幹線の料金はずっと格安です!
しかも、ネットで希望の時間帯の新幹線を予約することができます。

 

では、新幹線パックが他の新幹線の予約方法よりもどれくらい安いのか?
実際の料金を比較してみましょう。

 

 

新幹線の料金を比較するのは・・・

■普通料金
■各会員制新幹線予約サービス
■新幹線宿泊パック:日本旅行「新幹線+宿泊プラン」(料金は時期や曜日により変動)

これらを利用した料金を、新幹線往復+宿泊の合計で比較してみましょう。

 

【例】東京〜大阪 エクスプレス予約・プラスEXと新幹線宿泊パック
新幹線予約方法 【参考】片道料金 往復+1泊合計 普通料金との差額
普通料金

14,450円

35,800円

差額なし

プラスEX

13,940円

34,780円

差額1,020円

エクスプレス予約早特

12,340円

31,580円

差額4,220円

新幹線宿泊パック

セットに含む

26,700円

9,100円格安

※宿泊料金は1泊6,900円で計算

 

【例】東京〜広島 エクスプレス予約・e5489と新幹線宿泊パック
新幹線予約方法 【参考】片道料金 往復+1泊合計 普通料金との差額
普通料金

19,080円

43,060円

差額なし

エクスプレス予約早特

15,940円

36,780円

差額6,280円

新幹線宿泊パック

セットに含む

31,100円

11,960円格安

※宿泊料金は1泊4,900円で計算。エクスプレス予約はIC早得Aの料金。

 

【例】東京〜仙台 えきねっとと新幹線宿泊パック
新幹線予約方法 【参考】片道料金 往復+1泊合計 普通料金との差額
普通料金

10,890円

27,380円

差額なし

えきねっと

6,940円

19,480円

差額7,900円

新幹線宿泊パック

セットに含む

19,200円〜

8,180円格安

※宿泊料金は1泊5,600円で計算。えきねっとは「お先にトクだ値35」通常期。新幹線宿泊パックは2名利用時の料金。

 

【例】熊本〜大阪 JR九州インターネット列車予約と新幹線宿泊パック
新幹線予約方法 【参考】片道料金 往復+1泊合計 普通料金との差額
普通料金

18,850円

44,600円

差額なし

JR九州列車予約

12,860円

32,640円

差額11,980円

新幹線宿泊パック

セットに含む

32,300円〜

12,300円格安

※宿泊料金は1泊6,900円で計算。インターネット列車予約はe早特の料金。

 

 

全国のいろいろな新幹線予約サービスと料金を比較してみても、往復&宿泊の合計料金が格安です。

 

新幹線宿泊パックで新幹線を予約すると、いかに格安かはおわかりいただけたと思います。
いくら新幹線のネット予約が安くても、料金的にほとんど勝てません。

 

宿泊する方は、新幹線をネット予約するなら新幹線宿泊パックが最も格安です!

 

 

新幹線宿泊パックなら、列車予約も簡単!

日本旅行

日本旅行「新幹線+宿泊プラン」

 

出発地・目的地を選び、ホテル選択後に表示される新幹線を選択。
あとは自宅へ郵送で届くチケットで改札を通るだけ!
新幹線・ホテルの予約が同時にでき、しかも料金が抜群に格安です。
3日前まで予約できますが、お得なプランはお早めに!

更新履歴