MENU

東海道新幹線の予約方法を解説します。

東海道新幹線をネットで予約する方法は、大きく分けると2つあります。
一つは会員制の新幹線予約サービス、もう一つは旅行会社のサイトから新幹線ツアーをネット予約。

 

さらに、新幹線予約サービスは何種類かの方法で東海道新幹線が予約できます。
東海道新幹線の予約の方法を順番に見ていきましょう。

 

新幹線予約サービスで予約する

1.エクスプレス予約で予約する

JR東海の「エクスプレス予約」は、エクスプレスカード会員限定のサービスで、ネットや携帯で新幹線の切符を予約することができます。
格安に予約できる区間は東京〜博多間。
料金的にはエクスプレス予約の料金は通常の予約で、新幹線の格安チケットと同じくらいの料金。
さらに、「早得」という早期予約サービスを使うと、もう少し料金は安くなります。
東京〜博多間の東海道・山陽新幹線をよく利用される方は、この予約方法がおススメ。
特に東京・名古屋・京都などに住んでいる方はこれですね。

 

2.プラスEXで予約する

予約できる区間は東京〜新大阪。
エクスプレス予約は専用のクレジットカードが必要なのに対し、「プラスEX」というサービスは専用のクレジットカードが不要です。(使えるクレジットカードは限定)
ただし、料金的にはエクスプレス予約ほど安くはなりません。

 

東京〜大阪の間に住んでいて、「とりあえず新幹線の予約ができればいい」という方はこれ。

 

3.えきねっとで予約する

JR東日本の新幹線予約サービス「えきねっと」。
東北新幹線などは安く予約できますが、東海道新幹線は安く予約することはできません
また、予約した切符はJR東日本圏内の駅のみの受け取りなので、名古屋・京都・新大阪駅では受け取りができません。

 

首都圏在住の方で、名古屋・大阪方面より東北・上越新幹線に乗ることが多い方はこれですね。

 

4.e5489・JR九州列車予約サービスで予約する

JR西日本のe5489やJR九州の列車予約サービスでも、一応東海道新幹線は予約可能です。
ただし、どちらの方法も割引適用はなく、通常料金での予約です。
また、切符受取り区間も限定されますので、利用する際は注意が必要です。

 

九州地方在住の方、西日本エリアでの移動が多い方はこの2種類。
九州エリアの移動が多い方はJR九州列車予約サービス、西日本エリアから利用する方はe5489ですね。

 

 

以上の新幹線予約サービスを利用すると、東海道新幹線(東京〜新大阪)の予約が可能です。
住んでいる地域や、利用する新幹線によって使うべき予約サービスが変わってきます。

 

 

旅行会社の新幹線宿泊パックをネット予約する

新幹線予約サービスは事前の会員登録が必要で、誰でもすぐに利用できるわけではありません。
年に1回新幹線で旅行に行くくらいの方には、新幹線宿泊パックが安いのでおススメです。

 

旅行会社のサイトから、往復の新幹線とホテルを同時にネット予約することができます。
時間の指定も、新幹線やJR特急との乗継ぎ予約も可能で、価格は超格安です。

 

 

駅や旅行会社の窓口へ行っても「切符の事前購入」ができますが、以上の方法なら東海道新幹線のネット予約が可能です。
各予約方法の料金を比較すると、こんな感じになります。

新幹線予約方法 例)東京−新大阪料金 備考
エクスプレス予約 13,370円 専用カード必要
プラスEX 13,940円 エクスプレス予約の方が安い
えきねっと 14,450円 割引なし
e5489 14,450円 割引なし
JR九州列車予約サービス 14,450円 割引なし
新幹線宿泊パック 実質片道9,000円くらい 往復+宿泊の同時予約が必要

 

東京や横浜と京都・大阪を往復する方は、これらの方法で新幹線を予約することができます。

 

 

新幹線宿泊パックなら、列車予約も簡単!

日本旅行

日本旅行「新幹線+宿泊プラン」

 

東海道新幹線の往復+宿泊ならこれが安い!
新幹線・ホテルの予約が同時にでき、しかも料金が抜群に格安です。
自宅へ郵送で届くチケットで改札を通るだけ!
3日前まで予約できますが、お得なプランはお早めに!